医療法人 智生会 長坂眼科クリニック

眼科・小児眼科|長坂眼科クリニック|患者様に最先端の設備と質の高い医療を提供しています。

HOME クリニック案内 診療案内 目の病気 白内障 日帰り手術 コンタクトレンズ

INFORMATION

治療案内

長坂眼科クリニック NAGASAKA EYE CLINIC

 

HOME»  目の病気

目の病気

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

網膜の中心部は黄斑部とよばれ、ものを見るときの最も大切な部分です。
この黄斑部の働きによって私達は良い視力を維持したり、色の判別を行ったりします。
この黄斑部が加齢にともなって色々な異常をきたした状態を加齢黄斑変性といいます。
加齢黄斑変性は滲出型と萎縮型に分けられます。
萎縮型は徐々に組織が傷んで死んでいくタイプで、長い間かかって視力が低下していきます。
現在は有効な治療法がなく、視力も急には落ちないので、服薬と経過観察が中心になります。
もう一つの滲出型はその名の通り水がにじみ出てきて、黄斑に障害が生じるタイプです。
出血することもあります。
脈絡膜新生血管といって、網膜の下の脈絡膜から異常な血管ができてきて、網膜に障害が及ぶもので、現在、種々の高度な先進医療による治療法が考案されています。

 

緑内障

最近『目が疲れる』『視野が狭くなってきたな』と思う方は、緑内障の恐れがあります。

 

緑内障

 

※房水;血管のない角膜や水晶体へ血液に代わり酸素や栄養素を与えている水。また、目の堅さを一定に保つ役割を果たしている。

緑内障は眼圧(眼球の圧力)が高くなるなどにより、視神経が障害を受ける病気です。
大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1つは急性緑内障で、急なかすみ目、強い眼痛、頭痛、嘔吐などの症状が現れ重症の場合は一晩で失明することもあります。
従来は入院手術が必要でしたが、最近は技術の進歩により、レーザー光線の使用で外来治療もできるようになりました。

2つめは慢性の緑内障で、初めは疲れ目程度ですので自覚症状がなく、人間ドックや眼科で偶然発見されることが多いようです。
進行すると視野が欠けてきて、さらに見にくいなどの症状が出たときには、かなり進行していることが多く、むしろ急性型より怖いといえます。
最近は正常眼圧緑内障といって、眼圧が高くない緑内障が多く存在することが解ってきました。
治療は主に点眼薬・内服薬で眼圧コントロールを行いますが、十分にコントロールができない場合は、レーザー光線を使った治療や手術を行います。

 

■視野進行のイメージ

 

緑内障:視野進行のイメージ

 

緑内障の治療は病気の進行を抑えるだけで、欠けてしまった視野を元に戻すことはできません。
従って、できるだけ早期に発見する事が大切です。
40歳を過ぎたら、定期的な眼圧測定と眼底検査及び視野検査を受けるようにしましょう。

 

糖尿病網膜症

「新聞の文字がぼやけて満足に読めないんです。老眼なんでしょうか?以前、糖尿病と診断されたこともあります。」

糖尿病のある方の多くは、発病して5年から10年くらいで、成人の失明原因の第2位である糖尿病網膜症を発症します。

症状は主として視力の低下ですが、最初は眼底の出血程度で全く無症状であることが多く、相当進行してから症状が出るため手遅れとなることも多いのです。
眼科的な治療としては、適切な時期にレーザー光凝固を行います。
これにより進行を阻止することができるのですが、必要となる時期にはまだ無症状であることが多いので、糖尿病のある方は何ともなくても、必ず定期的に眼底検査を受けることが大切です。
もちろん糖尿病自体の血糖コントロールが前提です。

 

網膜剥離

網膜剥離

 

急に目の前で虫が飛んでいる様に見えるようになる、いわゆる“飛蚊症”は眼内の出血や網膜剥離など、重大な疾患の初期の症状であることがあります。
特に稲妻の様な光が見えたり、“うす墨を流した様な”、“たくさんの水滴が貼りついた様な”見え方をした場合は網膜剥離の危険性が高いので早急に眼科医の診療を受けましょう。

網膜剥離の治療は主として入院手術ですが、初期のものであればレーザー光線などを使って簡単に治療できます。

重症化すると失明に至る病気です。早いうちの治療が運命を分ける鍵になります。